株式会社  CSクリエイト

離職証明書を作成する

メニュー:[離職票・資格喪失届]

1.会社コード、部門コード、従業員コードを選択します。

従業員の選択

〔選択方法〕

  • 一覧表示(クリックまたは[End]キー)
  • 直接コード入力(会社コード,部門コード,従業員コードを入力)
  • フリガナ検索(IMEを起動([半角/全角]キー)し、フリガナを入力)

2.離職年月日を入力し、[Enter]キーを押します。

離職証明書画面
  • 算定対象期間・賃金支払期間・賃金額がセットされます。

3.賃金額の表示月数を切り替える。

月数切替
  • [F8:月数切替]を押下することにより、賃金額の表示月数を切替えることができます。必要に応じ切替えてください。
    [memo]
    デフォルトでは、算定期間12ヶ月、賃金月数6ヶ月を表示します。(短期特例被保険者除く)

4.[離職理由]項目で[Space]キーか[Enter]キーを押すとダイアログが出ます。

離職証明書画面
  • ダイアログの各設定値
    離職理由離職証明書用紙の右欄にある大項目・中項目を選択
    定年[3]2-(1)(定年による退職)が選択された場合に有効
    一回の契約期間[5]2-(3)が選択された場合に有効
    期間満了[5]2-(3)が選択された場合に有効
    労働者判断上記+[1]a,[2]b,[5]e-(a)のいずれか選択された場合に有効
    訓練期間4-(1)-4が選択された場合に有効
    新(旧)所在地4-(1)-5が選択された場合に有効
    具体的理由3-(3)-2,4-(1)-6,5のいずれか選択された場合に有効

5.「離職理由」コードを入力するか、[End]キーを押し一覧の中から選択し[OK]を押下します。

離職証明書画面

6.つづけて必要項目を入力し、[F2:印刷]します。

離職証明書画面

印刷後は、必ず[F1:保存]を押下してデータを保存してください。


[warning]

  1. 先に従業員マスタで、[退職日]を入力している場合は、[F4:賃金読込]で従業員マスタより読み込まれます。

Top / ガイド / 労働保険 / 離職証明書を作成する(基本編)